言霊とコーチング

12月15日

 

言霊がコーチングに、関係があるんですか。

 

答えは、イエス!あります!!実に密接な関係があるのです。

 

その関係とは?

 

古代日本人は、「言葉には不思議な霊威が宿る」と信じて「コトダマ」と呼びました。

(佐々木隆著「言霊とは何か:古代日本の信仰を読み解く」)

 

つまり、何かを言葉にして発すると、その言葉自体に力があって、

言葉にした通りのことが起こるという信仰ですね。

 

誰でも、自信を無くしていたり、行き詰ったり、分かれ道に立っていたりの場合があります。

そんな時、つい出て来てしまう言葉は

「私って何やってもだめ」

「どうせ俺には限度がある」

「どっちに転んでもヤバい」

 

言霊の考え方からすると、

「何をやってもだめ」と言うことは、

「何をやってもだめになろう」という方向に

エネルギーを費やしている事なのです。

自分がめざす方向とは、全く逆 ですよね。

 

コーチングでも、まず自分が普段発している言葉に注意を向ける練習をします。

 

実際に口に出している言葉、

心の中でついに言ってしまっている言葉

知らず知らずに繰り返している言葉

 

「反対方向」の言葉のパワーを使ってしまっていませんか?

 

言葉そのものに霊験があるのかどうかはともかく、

言葉を発することで、無意識の関心がそちらに向かっていることは、想像できます。



斎藤一人「言霊の偉大な力」

Copyright @ Yukari Kunisue All Rights Reserved