#21 君はまだ彼の少女を抱き居るか

A story of two Buddhist monks tells us we have the key to let go of our own pain.  When we can not let go and forgive others, it is like a prisoner who locks himself or herself inside the cage. We have the key of letting go and forgiving others and ourselves.

原担山というお坊さんの話です。私達の苦しみは、往々にして自分達が心を解放できない事からくることが多いようです。触女人戒を破った担山をとがめた奕堂坊は、自分で作った檻の中で苦しみます。しかし、檻を出る鍵は奕堂さん自身が持っていたのでした。

Copyright @ Yukari Kunisue All Rights Reserved