Upcoming Workshops

Guided Meditation on Death and Dying

candle.jpg

死の体験瞑想

Time: 日時:20171118日(土曜)6:00 PM

November 18, 2017 from 6 PM

Place 場所:サンフランシスコいすきあ(Oakland Hill, California):Please contact dr.yukari@gmail.com for the address. 

 

 

October, 2017: Time and Date to be announced

Place: 3138 Waialae Ave, Regency Park Recreation Room

 


Past workshops

パロロ本願寺彼岸法要

 

At Palolo Hongwanji Temple, I gave a Guided Meditation on Death and Dying. 

IMG_5612 (1).jpg
 
Stretching body before meditation

Stretching body before meditation

Palolo Hongwanji Higan Hoyo

2017年 9月17日(日曜日)午前10時より

This workshop will be bilingual in Japanese and English

 

Address: 1641 Palolo Avenue, Honolulu, Hawaii 96816

 

 

Past Life Regression Workshop

参加費用 一人$60 (10人限定)

Ms Kazuyo Takagi Certified Hypnotherapist NGH,

Dr. Yukari Kunisue, Psychologist, Facilitator

 

Date: Monday September 4, 2017

Time: 6:30 PM to 9:00 PM

Place: Palolo Hongwanji Classroom#4

 

2017年9月4日午後6時半~9時

会場:パロロ本願寺 4番教室

退行療法は潜在意識に蓄積される記憶をたどり、現在の世における認識や気づきを得ようとする

催眠療法です。安全で落ち着いた瞑想催眠状態で、緩やかに誘導を受け、ご自分の過去世を訊ねる旅に

一緒に参加してみませんか。

 

お持ちいただくもの
ヨガまたは運動用のフロアマット、体に掛けるビーチタオル、ブランケットなど

 

講師:認定催眠療法士 高木和代

ファシリティター:心理学者 国陶ゆかり

Death and Dying 

Guided Meditation

        死の体験と瞑想ワークショップ

7月の死の体験瞑想ワークショップ(日本語)

日時:7月30日(日曜日)午後6時半から午後9時

お問い合わせdr.yukari@gmail.com

場所:1F Regency Park Recreation Room、 3138 Waialae Ave, Honolulu, HI 96816

~ ワークショップへのお誘い ~

病にかかり、死を迎えるという仮想体験を通じて、

生きる事を、ご一緒に考え瞑想できればと思います。

参加費:無料 ($20程度のドネーションをお願いしています。一部なごみフォースターホームに献金させていただきます)

 Facilitator:

国陶ゆかりYukari Kunisue, Ph.D.

ライフコーチ, 心理学者

 

過去のワークショップに参加した方々の声

このワークショップで発見したことがありましたか。一番印象に残った事は何ですか。

 ①  命をいただいた有難さ、

②  かけがいのない生きている時間

③  感謝     

昨日はセミナー、ありがとうございました。

あふれる涙、感動、感謝、今まで一緒に生きてきた皆さんへの有難さ、

家族、両親、そして主人の愛情いっぱいの思いに触れ、、、、

そして、亡くなった友人、家族、の思いが込み上げてきて、、、

いろいろな悲しいことや、つらいことも体験したけど

「生まれてきてよかったな」、、、実感しました。

うち帰ったら、主人に「結婚してくれてありがとう」と言おう!、、、

地球に生まれたことへの感謝。

これから、たくさん、いろいろな土地に訪れたい。

     たくさん、花々や木々、山、海、川、草原、に触れたい、

     一日を丁寧に、味わいながら、、、すごそう、、、

 

ゆかり先生の教えてくださった「時間と気持ち」を何にそそぐの?

などなど、、、、、素晴らしい時間でした。

心から、ありがとうございました。

解答者 女性参加者(4月30日)

 

...... 40分ほどの瞑想の間も、ゆかりさんの時折、語り掛けられる言葉に神経が行き、「今はこう考えなければ」という思いで、自分をそのように思いこませようと頑張りましたが、気が付くと自分が死の宣告をされる場合も意外と淡々として受け入れられるのかな(実際はその場にならないとわかりませんが)という思いの方が強かったです。

でも、こうした体験ができるということは素晴らしいことだと思っています。機会があれば、また参加したいと思っています。最近は一人での瞑想にはなかなか入りづらいような自分の環境があるのかもしれません。それは決して他の人のせいではなく、自分の心の持ちようなのですが。ありがとうございました。またこうした機会を与えていただき本当に感謝です。

解答者 男性参加者 (4月30日)

 

ワークショップは亡くなりました夫が呼んでくれました。

白血病と伺い、最後には同じ病名で夫が。 1年半でしたが、毎日 病院にでかけました。

病院のエレベーターの前で待ちきれず待っていてくれて。ハワイ生活がはじまり、コンドのプール前に一羽の鳥が待っています。ある時は、同じ鳥がプールサイドでじ っとしていて。 なにか夫に見守られているよう。そんな気持ちで、ありがとうと、じっとしている鳥さんに声かけて。

改めて、ハワイでの、いまある生活に感謝する日となりました。有難うございました。  

解答者 女性参加者(4月30日)

 

 

 

Past workshops

Guided Meditation on Death and Dying Workshop

July 16, 2017 (Sunday)

Guided Meditation on Death & Dying Workshop Photo 1, July 16, 2017

Guided Meditation on Death & Dying Workshop

Photo 1, July 16, 2017

 
Photo 2 July 16, 17

Photo 2 July 16, 17

Testimonials

It was my first time practicing an entire meditation session. Were a little nervous but I guess I’d be focusing better next time. ....

I learn that there is no reason to feel scared; be open-minded because the world always welcomes you. It might not always good to try controlling your life; Feel relaxed, sometime just let what should come it will come.

The “death and dying” is an exceptional topic to me. I would like to practice it again, and I will recommend my friends who may have the same interest.

(Participant, July 16)

 

ハワイに暮らす女性のための

人生の整理整頓

⁂終活ワークショップ⁂

2017年7月14日(金曜日)

 

 

アメリカでハワイで、これから人生を安心して送るための、女性対象「終活ワークショップ」を開催します。

テーマは人生の整理整頓。財産の把握、これからの人生のプラン二ング、さらに、大切な人達へのメッセージ作り、心のケア、やりたい事のリストなど、実際に役立つ盛り沢山な内容です。

今回は参加型体験ワークショップと言うことで、参加費は無料とさせていただきますが、出席のご感想などを、モニターとしてワークショップ後にお願いできればと思います。

 

日時:2017年7月14日(金曜日)      時間:午後1時半~午後3時半

場所:Regency Park Condominium Recreation room (1F)

3138 Waialae Ave, Honolulu, Hawaii 916816

申し込み:モニターはお席に限りがありますので7月12日までにメールでお申し込みください。dr.yukari@gmail.comまで。

                         

セミナーの内容

·         アメリカで人生を送るための終活とは?

·         人生の整理整頓の終活時に考えたい項目

·         財産の把握と整理

·         ライフ・ウィール作成

·         家族関係、心のケア、断捨離

·         エンドノート作り


講師

  ワシントン智子:ファイナンシャル・スペシャリスト、シニアの保険コンサルタント

 

ワシントン智子:ファイナンシャル・スペシャリスト、シニアの保険コンサルタント

 

国陶ゆかり:ライフコーチ、心理学者、死の体験瞑想/ヨガ・インストラクター

       

国陶ゆかり:ライフコーチ、心理学者、死の体験瞑想/ヨガ・インストラクター

 

 

 

 

 

 

 

Date and Time: 6:30 PM - 9:00 PM Sunday July 16, 2017

Place: Regency Park Recreation Room, 3138 Waialae Ave., Honolulu, Hawaii (Oahu

Participation Fee: Free but your donation to Nagomi Foster Home is greatly appreciated.

Bring your own yoga mat, pillow, cushion and blanket.

Wear comfortable clothes.

 

l

Facilitator: Yukari Kunisue, Ph.D.

Life Coach, Psychologist

Long time hospice volunteer

Author: Deep Listening “Listening to Hospice patients and caregivers”

Feedbacks from Workshop Participants

Before attending the workshop, I guessed that Dr. Yukari, as a life coach, was offering it as a goal-oriented approach to life and that she would make the participants regret a lot, looking back on what we are doing and not doing now, and urge us to change our ways of living so that we will not regret when we die. But I might have been wrong. I felt so comfortable with her soft voice, the soft music, and the soft yoga mat, that I was able to easily accept the fact that I was dying. So I would recommend this workshop to people who are afraid of death. I would also recommend it to those who are busy making enough money for them to survive until the 25th century.

For the first time I experienced separation of heart and body. After I left my body, I wanted to get out of the room. I wanted to walk outside. The question was whether I could still walk or not. I did not even know how to open the door without using my hands. So I lingered for a while, hovering above the bed and looking down at the body, which no longer belonged to me. (male, 40's  participated in May 28 workshop)

 

This was not the first time for me to imagine my death. I was present for the process for my husband’s dying and his moment of death, and since then, it has been easy for me to imagine my own dying. Before that, I don’t think that death was a real thing to me.  I think today’s experience was a validation for me:  It’s all right and normal to think and talk about our death. The society we live in discourages contemplation of and planning for one’s own death. Today I filled in the emergency information in my appointment book that I carry around in my purse, imagining that if I were in a car accident, the hospital would search around to find out who to call. Since I am single, this is really important.  Most of us don’t plan for this because we are not supposed to think about it. (Female, 60's participated in May 7th workshop)

 

The actual guided meditation was memorable in itself. I was concerned that being guided to my death would be difficult, but the process was very compassionate and gentle affording me a more accepting vision of my mortality.....  I won’t be quite as freaked out about the transitory nature of life. I can see the value of “dying” several more times and gaining more insight to this inevitable part of life.

(Male, 60's, participated in May 28th workshop)

 

過去のワークショップに参加した方々の声

このワークショップで発見したことがありましたか。一番印象に残った事は何ですか。

 ①  命をいただいた有難さ、

②  かけがいのない生きている時間

③  感謝     

昨日はセミナー、ありがとうございました。

あふれる涙、感動、感謝、今まで一緒に生きてきた皆さんへの有難さ、

家族、両親、そして主人の愛情いっぱいの思いに触れ、、、、

そして、亡くなった友人、家族、の思いが込み上げてきて、、、

いろいろな悲しいことや、つらいことも体験したけど

「生まれてきてよかったな」、、、実感しました。

うち帰ったら、主人に「結婚してくれてありがとう」と言おう!、、、

地球に生まれたことへの感謝。

これから、たくさん、いろいろな土地に訪れたい。

     たくさん、花々や木々、山、海、川、草原、に触れたい、

     一日を丁寧に、味わいながら、、、すごそう、、、

 

ゆかり先生の教えてくださった「時間と気持ち」を何にそそぐの?

などなど、、、、、素晴らしい時間でした。

心から、ありがとうございました。

解答者 女性参加者(4月30日)

 

...... 40分ほどの瞑想の間も、ゆかりさんの時折、語り掛けられる言葉に神経が行き、「今はこう考えなければ」という思いで、自分をそのように思いこませようと頑張りましたが、気が付くと自分が死の宣告をされる場合も意外と淡々として受け入れられるのかな(実際はその場にならないとわかりませんが)という思いの方が強かったです。

でも、こうした体験ができるということは素晴らしいことだと思っています。機会があれば、また参加したいと思っています。最近は一人での瞑想にはなかなか入りづらいような自分の環境があるのかもしれません。それは決して他の人のせいではなく、自分の心の持ちようなのですが。ありがとうございました。またこうした機会を与えていただき本当に感謝です。

解答者 男性参加者 (4月30日)

 

ワークショップは亡くなりました夫が呼んでくれました。

白血病と伺い、最後には同じ病名で夫が。 1年半でしたが、毎日 病院にでかけました。

病院のエレベーターの前で待ちきれず待っていてくれて。ハワイ生活がはじまり、コンドのプール前に一羽の鳥が待っています。ある時は、同じ鳥がプールサイドでじ っとしていて。 なにか夫に見守られているよう。そんな気持ちで、ありがとうと、じっとしている鳥さんに声かけて。

改めて、ハワイでの、いまある生活に感謝する日となりました。有難うございました。  

解答者 女性参加者(4月30日)

 

 

 

 

Past workshops

6月9日開催 死の体験瞑想ワークショップ

日時:6月9日(金曜日)午前10時から午後1時

場所:アラモアナショッピングセンター隣、パークレーン・コンドミニアム、ヨガルームにて

ワークショップ後の昼食会 写真1

ワークショップ後の昼食会 写真1

ワークショップ後の昼食会、写真2

ワークショップ後の昼食会、写真2

 

Guided Meditation Workshop on May 28, 2017

Date and Time :  7:00 PM – 9:00 PM Sunday May 28, 2017

PlaceRec Room, Regency Park Condominium

3138 Waialae Ave., Honolulu, HI 96816

May 7, 2017 Guided Meditation on Death & Dying in Hilo

Date and Time: 3:00 PM - 5:00 PM Sunday May 7, 2017

Place: Kurtistown, Jodo Mission, Kuaaina Road, Kurtistown, Hawaii (Big Island)

 

4月30日開催 死の体験瞑想ワークショップ

Date and Time: 7:00 PM - 9:00 PM Sunday April 30, 2017

Place: Regency Park Recreation Room, 3138 Waialae Ave., Honolulu, Hawaii (Oahu)

Copyright @ Yukari Kunisue All Rights Reserved