#86 心に届く言葉

broken heart.jpg

私たちの心は目に見えません。

でも、

私たちは誰でも

心が痛むという事を知っています。

 

大切な人を失った時、

裏切りを経験した時、

大きな失望に出会った時、

 

心が苦しい

心が病む

心が痛む

心が壊れてしまう、

そういった感覚は

頭だけではなく、

体の細胞の一つ一つと

「私」という自我全体が

同時に感じるように思います。

 

精神、神経、メンタル、心療と

いろいろ名前がついていますが、

見えない心が、頭や体に

とても強い影響を与える事も

私たちは経験から知っています。

 

 

心が体に影響する事を

そして、言葉が心に届く時

心と体が一つになる事を、

身を持って体験したある一人の女性の

お話をしたいと思います。

 

このアメリカ人女性、クリスティンさんは

まだ大学生の時、

不思議な発作にみまわれました。

 

始めは言葉がもつれて

頭がボーっとするという経験から始まりました。

 

足がふらついて

ちょっと変という症状も出ました。

 

うまく立てない、

うまくバランスや姿勢が保てない

立ち上がっても、

足がふらふらして

座りこんでしまいます。

 

ストレスだろうという医者。

栄養や睡眠の改善をアドバイスする医者。

いろいろな専門家が

あらゆる検査をしても

体そのものに異常はないというのが

結論でした。

 

そのうち、麻痺や痙攣が悪化し、

一日に何度も地面にばったりと

倒れてしまうようになり、

外出時にはヘルメットを

かぶらなければ、

危なくて学校にも

行けなくなってしまいました。

 

やがて、うまく声が出せない

話していても

自分の声のような気がしない、

集中力も散漫になり、

次第に

何もしないのに体の左側だけが

ひきつけを起こすようになりました。

 

原因がわからないばかりか

不思議な症状も

なかなかよくなりません。

 

骨筋力をつかさどる

随意運動機能が、

自分でコントロールできるはずなのに、

異常をきたしてしまったのです。

 

 

有名な専門病院で診てもらった所、

クリスティンさんの体は

「転換障害」という病気である事が

分かりました。

 

体は問題がないのに、

心の病が体に影響を与える病気です。

心のストレスが転換されて、

体に出るという事で付いた名前だそうです。

 

病気の名前が分かっても

症状が緩和するわけではありません。

大学の授業にも

満足に出席できなくなった

クリスティンさんは、

ついに大学を中退。

引きこもりの為

自殺未遂までしようと考えます。

 

 

実はクリスティンさんは、

この病気が発病する数年前

大の仲良しだった一歳違いの

お姉さんを、交通事故で亡くす

という悲劇を経験していました。

 

酔っ払い運転による事故で

お姉さんのベサニーさんは

ある日突然

若い命を絶たれたのです。

 

事故のあったその晩、

寝ていたクリスティンさんを

起こしたお父さんが、悲痛な声で

「ベサニーはダメだった」

と一言だけ、伝えました。

 

青天の霹靂そのものでした。

 

たったこれだけの言葉は

クリスティンさんの心を

奈落に突き落とすのに

十分だったのです。

 

しかし、急死したお姉さんのことを

クリスティンさんは

忘れようと努力しました。

忘れようとすればするほど

事故の事、

お姉さんが感じたであろう苦痛が

クリスティンさんを

自分の事のように苦しめました。

 

 

お姉さんのベサニーさんの葬式も済み、

大学に入って普通の生活を

取り戻したように見えた数年後に

クリスティンさんは

この病気を発病しました。

 

クリスティンさんの心は、

壊れてしまっていた事を

認める事ができずにいたので、

体が心に代わって

クリスティンさんの

心の苦しみを

表面化させようとしたようです。

 

転換障害とは

心的外傷後ストレス障害(PTSD)と

併発する病だそうです。

 

人間の心はショックを受けると

脳がシグナルを出して

呼吸を早めたり

発汗を促したり

心拍数を早めたりします。

 

ショックのレベルがもっと高いと、

一時期

目が見えなくなる、

声が出ない、

耳が聞こえないなどの

極端な体の反応を起こす場合もあります。

 

クリスティンさんは

体の病気が出て始めて

心がどんな体験をしたかを見つめる事が

できるようになりました。

 

お姉さんの死のその夜の苦痛を

家族や自分が感じた苦痛を

全て自分の心の苦しみとして

無意識に深く体験してきていたのです。

 

つまり、頭で終わった事と納得していても

心は、または潜在意識と言い換えてもいいと思いますが、

納得していませんでした。

 

心はその事故時の苦しみを

何度も何度も繰り返し感じていたのです。

 

ちょうど、壊れてしまった

おもちゃのお猿さんように

同じ所をぐるぐると回っていたのでした。

 

クリスティンさんは

杖や車いすの生活は一生続くだろうと

覚悟をしますが、

ある日お父さんに連れられて

ある催眠療法の先生の元を訪ねます。

ダメで元々と思ったのです。

 

ジョン・コネリー先生という

名前の療法師の先生でした。

コネリー先生はトラウマからの回復を

専門にしている催眠療法師です。

 

催眠療法は、たった一回の施術でも

深い意識に到達する事ができると、

回復が可能になる事があり得ます。

 

それは一見不思議なミラクルに思えるのですが、

脳と体と心が一致する事で

十分あり得る事なのです。

心に言葉が届くと

心にうごかされていた体は

言う事を聞いてくれるのです。

 

そこでクリスティンさんは

コネリー先生から

心に届く言葉を受け取りました。

 

「お姉さんの苦しみはね、

もう存在しないんだよ」

 

お姉さんはこの世には存在しない。

心えぐられるような悲しい事実です。

 

しかし、残されたクリスティンさんの心が

納得しなくてはいけなかった事は、

事故による苦しみも、また

もう存在しない、という事でした。

 

 

頭でわかっていても、

この事実を心が受け入れていなかったため、

体と心が、ショックを受けた時と同じ反応を

何度も何度も、繰り返していたのです。

 

催眠療法は、心に届く言葉を

頭ではなく、

心に一直線に届かせる事が

できる方法の一つです。

 

苦しみはもう終わった。

もう存在していない、

この言葉が心に響いた時

クリスティンさんの痙攣が収まりました。

 

麻痺していた手足も

ぼやけていた視力も

回らずにいた呂律も

戻ってきました。

まるで頭の上にかかっていた真っ黒な雨雲が

サーと吹いてきた風に

一気に吹きさらわれたような感覚でした。

 

クリスティンさんは

コネリー先生の診察室をでて

お父さんの待つ待合室に歩き始めました。

車いすで運ばれた娘が

ドアを開けて歩いて出てきたのです。

 

「お父さん、私はもう大丈夫」

クリスティンさんの爽やかな目が

そう語っていました。

しっかりと立ち上がって

クリスティンさんはお父さんを見つめました。

 

ベサニーさんの急死に次いで

下の娘も失いかけていたお父さんは、

待合室でむせび泣いたそうです。

しかしそれは

感謝と希望の涙でした。

 

娘の心が必ず強く戻ってくるはずと

信ていたお父さんの涙でした。

 

 

勿論、

クリスティンさんの体験したような

ミラクルが催眠療法で全て起こるとは

限りません。

心に届く言葉と

その言葉を受け取る心が

そしてその心の声に呼応する体の

微妙な一致が必要です。

しかし、

人間が人間の心の強さを信じる時、

心が大きく開いて

智慧のある言葉を

受け入れる事ができる時、

そんなミラクルも十分あり得るということは

素敵な事だなあと思うのです。

♯72 ブレークスルー

生きがいの催眠療法.jpg

飯田史彦(いいだふみひこ)さんという先生がいます。

 

国立大学の経営学教授で

経営戦略、人事管理などの専門家ですが、

そのお仕事とはやや離れて

「生きがい論」シリーズという

大変ユニークな本を書かれています。

飯田先生の名前をご存知の方、

聞かれた事がある方も

いらっしゃる事でしょう。

 

元々は、

経営者やマネージメント担当者たちが

どうしたら効果的で有効な

マネージメントができるだろう、

どうやったら生きがいを感じて

仕事を続けていけるのか、

というスタンスに立った研究を

されてきたそうです。

 

しかし、ある時催眠による

退行療法に触れる機会があり、

「時空を超えたドラマ」から

多くの人々が、

他の方法では考えられなかったような

深い持続性のある生きがいを

見つけていく過程を見ました。

 

催眠療法とは

心身ともにリラックスした状態で

意識を普通の顕在状態から

心の奥深くにあるとされる

潜在意識に導く

施術方法のことを言います。

 

普段は忘れている

または意識をしたことのない

奥深い意識、

また個を超えたトランスパーソナルな

意識に導く療法を使うと、

現在の問題やぶち当たっている壁、

心のトラウマの原因が

顕在化する事があり、

心の治療にこの方法を

積極的に使う専門家たちもいます。

 

心理の代替(だいたい)分野では

珍しい施術ではありませんが、

経営学の専門家で

人事管理や経営戦略で

催眠療法に注目したのは

飯田先生だけかもしれません。

 

はじめ、飯田先生も

社会科学の学者として、

過去世などそんな荒唐無稽な事は

勿論全く信じられませんでした。

 

「しかし。。。」と飯田先生は考えました。

 

過去世や前世がある無しは別として

過去にあった(とその人が信じる)体験が

この生の生きがいや

生きる意味に通じる

何らかのパワーがあるとしたら、

その考えを頭から否定できないのでは

ないか。

 

今の科学では証明ができない

事柄であり、

そうした「体験」が

作り上げたイメージの世界に

過ぎなかったとしても、

何等かの生きがいを

もたらすとしたら、

再考してみる価値は

あるのではないか。

 

飯田先生は一旦

そう考えてみる事にしました。

 

「生きがい」シリーズの著書の中で、

前世の体験や記憶について、

社会科学者らしい

誠実で着実な検証を

行っていらっしゃいます。

 

ご興味がある方は

数冊ある「生きがいシリーズ」の

一読を是非お奨めします。

皆さんご存知のように私も

必要と要請があれば、

催眠療法をライフコーチングと

組み合わせて使っています。

 

催眠療法をライフコーチに

適応するようになって、

施術しながらも

時々信じ難い体験を

クライアントの方と

共有させていただくことがあります。

 

クライアントさんの

現世とは違う別の世かららしい

イメージのお話をしていただいたり、

まさにそれを体験しているらしい様子を

目のあたりにすると、

「すごいなあ」と思ったり。

時には、

「本当かなあ」と思ったり。

 

でも、私がどう思うかは

クライアントの体験や

体験からの学びとは

全く関係がないと

学んできました。

 

それがもたらす気づきには

普通のカウンセリングやコーチングだけでは

想いもよらなかった深いモノがあるように

感じます。

 

 

飯田先生も

自分が信じるか、

どう思うかは

とりあえず、さておくことにしました。

 

万が一「生まれ変わり」が

存在するかもしれないと、

何百歩も譲って考える事にしたのです。

そして、

そこから得られる

生きがいへの気づきの現象に

フォーカスをして

接する事にしたそうです。

 

そのスタンスからみると、

本質的な生きがいを感じ、

信じられないような

ブレークスルーを体験する人が

出てきた事に

飯田先生は驚愕しました。

 

催眠という方法を用いる事によって

通常の意識状態では

忘れているか

気づかないでいる事が

ひらめいたり、

感じたり、

わかったりする。。。

 

その結果として

生きる事、

死ぬことの意味が把握でき、

人間関係の本質を考察できる、

そんな現象に大変驚いたそうです。

 

そして、

超常現象を頭から否定せず

「そういう事もあり得るかもしれない」

という考え方をすると

新しい生きがいの観点が

可能になってきたのです。

 

例えば、飯田先生はこんな例を

紹介しています。

 

バブル期に業績を伸ばし

事業拡大したある経営者の話です。

 

それまで順調に行っていた経営も

バブルがはじけた後は

売り上げが

10年間連続で下がり続け、

それでも、

社員数を減らし何とか

切り詰めて頑張ってきました。

 

しかし、銀行からの借金返済も滞って

今では給料支払いもままならず

ニッチもサッチも行かない状態に

なってしまっていました。

 

全てを投げ出したい

夜逃げ以外、道はない

自分は無能な経営者だ、などなど、

マイナス思考に陥ってしまった

この経営者は、

頑張ってプラス思考に自分の考えを

持って行こうと努力しました。

 

「今は景気が悪いが、

じっと歯を食いしばって

頑張り続ければ、

きっといい事がある。

優秀な社員たちもまだ俺を信じて

残ってくれている。

まだまだやり直せる。

いつか、いい事もきっとあるはずだ」

 

しかし、

いわゆるプラス思考は

この経営者を鼓舞し、

本当の意味で立ち直らせるには

今一つ何かが不足していました。

 

皆さんも苦しい事があった時、

辛い境遇に立たされた時

きっと

自分でも頑張って、

周りからも言われて

プラス思考をするよう

試された事があると思います。

 

プラス思考、

ポジティブ思考、

コップにはまだ水が半分入っている

という考え方ですよね。

 

しかし、

私達はこのプラス思考が

いつもうまく働かないのも知っています。

直ぐマイナス思考に逆戻りしてしまうか、

放り出してしまいたくなるのが

関の山。

 

コーチングをしていても、

プラス思考にスイッチしただけで

全てがうまくいくのなら、

こんなに簡単な事はありません。

 

では、マイナス思考から

プラス思考に転換できた人が、

それを持続させ、

本当の意味の生きがいを見出すために

何をしたらよいのだろう、

 

本当に目指すべきモノは

その根底を支えるモノは

何だろうと

飯田先生は考えました。

 

そしてそれを

「ブレークスルー思考」:

人生変革のための現状突破法

と名付けました。

 

それでは、ブレークスルーは、

一体、どこから来るのでしょうか。

 

それは試練に直面した時、

それを

たまたま運が悪くて起こってしまった試練とみるか、

または、

「予定していた試練」

もしくは、

「予定通りの試練」とみるか

という考え方から来ます。

 

つまり、

「人生は、死、病気、人間関係など

様々な試練や挫折などを通じて

学び成長するための修行の場であり、

これはもともと自分自身で

計画し、選んできたものである」

という考え方です。

 

上の経営者の例で言えば、

こんな風に考える考え方です。

 

「予定通りの試練が今訪れている。

運悪く業績が悪化したのではなく、

より立派な経営者になるために

用意された修羅場で貴重な試練が

とうとう回ってきたのだ。

今回の人生で

経営者という立場と役割を

果たしているという事は、

この役割を果たしてこそ学べる

貴重な気づきを

身に付けるためなのだ」

 

ブレークスルーの考え方では

「自分にハンドルできない試練は

用意されていないはず」

「これほどの試練が来るという事は

それに値する力量が

自分に備わっている事だ」

「これは自分を成長させる

素晴らしいチャレンジでギフトなのだ」

と思う事。

 

飯田先生の言葉を

そのまま使わせていただくと、

ブレークスルー思考とは、

「目の前にある壁そのものに価値を見出し、

全て順調な試練と受け止める事により、

その壁を自分の中に吸収しながら

成長を図り

一件閉じられているかのように見える状況を

楽々と突破していくような発想法」

という事になります。

(飯田史彦著「ブレークスルー思考」PHP研究所版)

 

つまり、

プラス、マイナスという考えではなく

本質的にマイナスは存在しないと

考える。

 

更に

「目の前の問題、壁、障害を

頑張って努力して解決する」

という考え方から、

目の前の問題、壁、障害こそに価値があると

考える。

 

小学生には困難である算数の問題も

高校生が解いてみると

何という事もない。

 

高校生が頭を抱える人生問題でも

経験とノウハウを身に付けた

30歳の大人には、

自信を持って立ち向かう事の出来る問題。

 

私たちはそうやって

一つ一つの問題や試練にめぐりあい、

立ち向かい

右往左往しながらも

何とか解決して

大人になってきた気がします。

 

人生の問題というのを精神性の面から

考えて見ると、

その人がそれぞれのレベルにあった

夫々の問題を解決し

自分の体験の一部としてとりこんで、

それが成長を助けてくれる

贈り物なのかもしれない。

 

そんな風に考えることが

飯田先生のブレークスルー思考の

根底にあるような気がします。

 

前世があるにしろないにしろ、

今この世が私達に

投げてよこすカーブのボールは

実は私達が自分が選んで、

お願いしてコーチから投げてもらっている

ブレークスルーのボールなのかもしれませんね。

Copyright @ Yukari Kunisue All Rights Reserved